自動車メーカー各社の燃費・排ガス及び車体検査不正の状況まとめ

ここ最近、国内外自動車メーカーにおける不正が相次いて発覚しています。これら不祥事が起こるとメーカーのブランドイメージが傷つき顧客離れや株価に影響を与えるものですが、あまりに数が多いので情報収集が追い付かない状況です。

そこでメーカー各社の不正の有無、違反した内容をわかる範囲で整理してみました。

不正が見つかった会社

スバル

  • 燃費・排ガスの抜取り検査で不正を1869台確認
  • ブレーキ検査でも数値の改ざん発見
  • 社内規定任命者以外の者が完成検査の一部を実施していた

日産自動車

  • 燃費・排ガスの測定データ書き換え913台
  • 無効な測定結果を有効と書き換えた690台
  • 社内規定任命者以外の者が完成検査の一部を実施していた(6工場)

SUZUKI

  • 四輪車の抜取検査で測定モードに合わせられず失敗したものを有効にした。(12819台中6401台)
  • また過去に測定結果を書き換えた事例発見。

マツダ

  • 1875台中72台で運転が測定モードに合わせられず失敗した車を有効に処理

ヤマハ

  • 335台中7台で運転が測定モードに合わせられず失敗した車を有効に処理

アウディジャパン

  • 燃費・排出ガス検査で失敗したものを有効と測定し処理。抜取り検査した692台中37台。

不正が見つからなかった会社

以下の会社では「今のところ」検査違反は発見されていないとのこと。但し、メーカー側からの報告なので正確な情報ではない可能性もあり。穿った見方をすると不正を報告している会社は正直・・・と捉えることもできるでしょう。

国内メーカー

  • トヨタ自動車
  • ホンダ
  • 三菱自動車
  • いすゞ自動車
  • 川崎重工業
  • 極東開発工業
  • 日野自動車
  • ダイハツ工業

海外メーカー

  • BMW
  • ジャガー・ランドローバージャパン
  • フォルクスワーゲン
  • プジョーシトロエン
  • ポルシェ
  • ボルボ
  • メルセデスベンツ
  • ルノー