メール便(ゆうメール・クロネコなど)の市場シェア

宅配便(ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便)の市場シェアに続いて、

本や雑誌、ダイレクトメール、カタログなどを発送するメール便の市場シェアについても調べてみました。

メール便のシェア(%)

2015年~2017年の各サービス会社ごとに占めるシェア(%)を表にしたものです。

サービス(会社名) 2015年 2016年 2017年
ゆうメール(日本郵便) 67.2% 67.4% 68.9%
クロネコDM便(ヤマト運輸) 29.2% 29.2% 27.8%
ポストウェイメール便(ポストウェイ) 1.7% 1.8% 1.8%
中越メール便(中越運送) 0.9% 0.9% 0.8%
飛脚メール便(佐川急便) 0.9% 0.8% 0.7%
カンガルーメール便(西濃運輸) 0.03% 0.03% 0.02%
フクツ-メール便(福山通運) 0.03% 0.03% 0.02%
その他 0.01% 0.01% 0.004%

※参考:国土交通省の「宅配便等取扱個数調査及び集計」

グラフ化

上の表から視覚的に見やすくグラフ化してみました。

ゆうメール(日本郵便)

メール便に関してはほぼ一強多弱状態。日本郵便のゆうメールが市場を独占していました。

さらに67.2%→67.4%→68.9%とシェアを毎年伸ばしている状況にあります。

クロネコDM便

ゆうメールに続いて多くの荷物を取り扱っていたのがクロネコDM便(ヤマト運輸)。3割弱のシェアを獲得していました。ただし29.2%→27.8%と2016年から2017年にかけて-1.4%ほど落としました。(減少分はそのままゆうメールに奪われた感じです)

その他

ポストウェイ、中越メール便、飛脚メール便など残りの業者に関しては一桁以下でしかありません。どこもジリ貧と言ったところ。

スマホ普及とネット通販需要で宅急便の荷物数が増加中