証券会社のYoutubeチャンネル一覧まとめ

証券会社が運営する公式Youtubeチャンネルを一覧リスト化してみました。

SBI証券

SBI証券公式チャンネル。チャンネル登録者数約5000人。投資関連動画を公開している。

最も人気のある動画、SBI証券の「株主優待検索の魅力をご紹介」でした。

楽天証券

楽天証券YOUTUBEチャンネル。登録者数は約10000人。為替や経済指標などのマーケットライブ、取引ツール(マーケットスピード2)の解説等を公開。

最も人気のある動画コンテンツは「マーケットスピードの使い方」でした。

マネックス証券

チャンネル登録者数約7000人。松本大氏のここだけトークや世界経済&金融動向、積立分散投資の解説など公開。

最もPVの多い動画は「マネックス証券 マネーの扉CM」でした。

トレードステーション

トレードステーション日本株公式Youtubeチャンネル。チャンネル登録者数約8000人。トレステの使い方、操作方法など動画を公開。

最もアクセス数を集めていた動画は「トレードステーション日本株」。取引ツールを紹介する内容でした。

松井証券

「動画で投資を学ぶ」「桐谷さんの株主優待」「テレビCM」コンテンツなど公開。チャンネル登録者数約2000人。

最もページビュー数の多い動画は「ライフと松井~出産・育児編」でした。

カブドットコム証券

「株式投資!当面のストラテジー」等のコンテンツ公開。チャンネル登録者数約8000人。

最も人気のあるコンテンツは「株主優待の賢い取得方法」でした。

GMOクリック証券

テレビCMやメイキングの映像コンテンツを主に投稿。チャンネル登録者数約2000人。

最も人気のある動画は「GMOクリック証券 Life is Art篇」でした。

岡三オンライン証券

「株と為替の売買シナリオ」コンテンツを投稿。チャンネル登録者数約6000人。

最もアクセスの多い動画は「岡三かんたん発注プロモーションビデオ」でした。

ライブスター証券

雇用統計などFX関連情報を更新。チャンネル登録者数約100人。

PV数の多い動画は「ライブスター証券CM」でした。

SMBC日興証券

チャンネル登録者数約1000人。世界経済情勢のレポート、取引ツール操作方法、TVCMなどコンテンツを投稿。

最も人気のコンテンツは「投信取引サポートツールfund eye」の紹介でした。

野村証券

TVCM宣伝ほか、iDeCoセミナー、野村のハッピーライフセミナーのプロモーションなど公開。チャンネル登録者数約6000人。

最も人気のある動画は「野村證券CM 夢に力を。力に夢を」でした。

大和証券

テレビCM、ダイワセレクション「個別株紹介」、債券道場など公開。チャンネル登録者数約4000人。

最もPVを稼いでいた動画は「つみたてNISA VS タンス預金 ~タンスにひそむ罠~」CMでした。

※関連:証券会社のSNS(Twitter/Facebook)アカウント一覧