海外(非居住者)から日本の証券会社で口座開設&株式投資できる?できない?

海外在住の非居住者でも日本の証券会社に口座を持ちトレードできるのかどうか、証券会社ごとの対応方針を調べてみました。

SBI証券の場合

Q:海外に住んでいても口座開設できるのか?の問いに対し
A:口座開設は日本国内に在住の顧客に限定

との回答でした。ただし海外勤務など一時的な出国であれば「証券口座の保有」は可能。(赴任中は取引き制限あり)

楽天証券の場合

非居住者の口座開設はできない。
留学や海外転勤などで出国する場合、届け出が必要。証券口座で株式の保有は可能。但し株の売買など取引は一時的に制限。

マネックス証券の場合

海外赴任など非居住者となる場合、「口座を解約」又は「休眠口座」を選択できる。休眠口座では日本株含むすべての商品の取引ができない。(商品の預かりのみ)

松井証券の場合

口座開設を日本国内居住者に限定。
出国し非居住者となる場合「取引制限」を行う。帰国後に「取引制限」を解除する。

以上が主要な証券会社の条件となっていました。

共通する内容

概ねどの証券会社も

  • 「外国在住者の海外から口座開設」は不可能。
  • 外国勤務、留学などで非居住者と定義された場合は、株式投資など取引制限あるが「口座」の保有はできる。(帰国したら再開できる)
  • 非居住者とは「1年以上国外に暮らす」、「期間の定めない海外勤務・留学」とのこと。

と定められているようです。
また非居住者と定義されなければ「 例えば数週間の海外旅行はもちろん、数カ月間の短期滞在など…」特に申告する必要なく、取引制限されることもないのでしょう。